トータル・イマージョンが自信をもっておすすめするデジタル・コンテンツです。

ビデオセミナー:ロングスイムお悩み相談室

¥540

詳細

長い距離を泳ぎたいが、なかなかうまくいかないという方のために、TIジャパンおよびTotal Immersion代表の竹内慎司がその原因を考え、解決策と練習プランを提案していきます。

距離を泳ぐためにはラクな姿勢や動作に加えて、呼吸のコントロールや意識を集中することなど、ロングスイムの特有の技術が必要になります。セミナーではこのようなロングスイムのポイントについても解説します。

●質問の一覧
1.ロングスイムのフォーム
- 泳ぎの崩れ(前のめり感がおちて、軸がぶれだす)を自覚した場合、何処までそのまま頑張り続けるべきでしょうか。
- 落ちてきた腰を再び浮かせるには?
- 疲れてくると側の切り替えができなくなり、水平になってスピード感がなくなります。
- 距離を泳ぐためにはラクな姿勢や動作とはどういうものですか?

2.ロングスイムの息継ぎ
- 私は普段の左呼吸ばかりです。長い距離を泳ぐときは、左右交互がいいのでしょうか。
- 必ず途中で呼吸が苦しくなる時間帯があります。そのような時は、どのように乗り越えればいいでしょうか?
- 毎ストローク息継ぎをしています。3ストロークに1回の息継ぎだと150m位で息切れします。

3.ロングスイムと意識の集中
- 長い距離を泳ぐと疲れてくるのと同時に集中力がなくなります。それを切らさないための工夫はありますか?
- ロングを泳いでいるときに意識を持つポイントは? 1.手を伸ばす 2.呼吸のタイミング と思いますが他には何が重要でしょうか?

4.比較的短いロングスイム
- クロールで25mは結構楽に泳げますが、50mはやっとでそれ以上はとても疲れて無理です。
- ツービートキックでクロールを泳いでいますが、200メートルを泳ぐのが精一杯です。
- 現在200m泳ぐのがやっとです。 まず500m、次に1000mを泳ぎたいのですが 練習の手順や方法などを教えてください。

5.比較的長いロングスイム
- 1500mを泳ぎたいのですが、疲れで腕が上がりにくくなり息継ぎもやりにくくなります。
- 500m位は泳げるのですが、それから先が足腰が下がりうまく泳げません。
- 1kmなど続けて泳ぐ際はフォームの習得、ストローク数の減らす泳ぎ方とは意識をどのように変えたらいいでしょうか?

6.オープンウォータースイム
- 自分がどのように流されているか、沖に向かってブイだけがたよりの時、どう判断をしていいか解りません。
- 海に出ると変に力んでしまい、リラックスして泳げません。
- 進行方向の目標が確認できるようになりました。次に必要なことは何ですか?

 

●商品の詳細

セミナーのビデオファイル(MP4)がダウンロードできます。
ファイルは全部で3つのパートに分かれています。
ビデオのサイズは高解像度版:640ピクセル×360ピクセル、コンパクト版:320×180ピクセルです。
ビデオの再生時間およびファイルサイズは以下の通りです。

 

  再生時間 ファイルサイズ
(高解像度版)
ファイルサイズ
(コンパクト版)
パート1 19分53秒 211MB 54MB
パート2 18分01秒 192MB 77MB
パート3 12分29秒 142MB 56MB
合計 50分21秒 545MB 187MB

 

●ビデオファイルの利用上のご注意

各ファイルは以下の弊社指定閲覧用ソフトウェアで動作を確認しています。
  -mp4ファイル:Apple QuickTime Player(動作環境Windows XP以降, Macintosh)

上記以外のソフトウェアのご利用はサポート対象外とさせて頂きますので予めご了承ください。

 

追加情報

リリース日 2012/08/01
ビデオ
このビデオを再生するにはAdobe Flash Playerが必要です。ここをクリックしてインストールしてください。
¥540

商品のタグ