トータル・イマージョンが自信をもっておすすめするデジタル・コンテンツです。

ビデオセミナー:平泳ぎ・バタフライお悩み相談室

¥540

詳細

平泳ぎは「人並みには泳げる」けど、「きれいな平泳ぎ」や「速い平泳ぎ」にはなかなかならないとお悩みの方に、新しい手の動かし方やキックのタイミングなど、平泳ぎの新しいアプローチをご紹介しながら問題を解決していきます。またバタフライがつらい、でも泳ぎたいとお悩みの方には、浮かび上がりのタイミングで手を動かす新しいバタフライのアプローチを取り入れながらトータル・イマージョン代表の竹内慎司が問題を解決していきます。問題解決のためのドリル練習の見本もご覧いただけます。

●質問の一覧
平泳ぎ:手の動き
- ドリルのようにやると、ただ手を移動しているだけで体が浮き上がりません。
- 平泳ぎの手のかきで最も意識しなくてはいけないところはどこでしょうか?
- 平泳ぎのプルの軌道、特に肘の動かし方がよくわかりません。肘は、脇を締めるのか、または、肘と肘をあわせる意識が必要か、などの点です。

平泳ぎ:足の動き
- 体の硬い人向けのキックの方法(ドリル)を知りたい。
- 「引きつけて踵からまっすぐに蹴る」と言われても、模範泳をみると、すこし外側に回しているように見えるのですが。
- 平泳ぎの足の引きつけの目安を教えてください。

平泳ぎ:タイミング
- 顔を上げるタイミングが、早いのか遅いのかつかめません。
- キックのタイミングが悪いのかどうもスピードがでません。
- 重心移動と言う感覚がわかりません。かき終わった腕を前に戻す際に、うねりを作って頭を水中に突っ込む、と言う感じでしょうか?

バタフライ:手の動作
- バタフライを泳いでいるうちにタイミングが合わなくなってしまいます。
- 入水するまでの時間に差を感じます(上手な人は入水するまで間がある)。 
- 水面に出たときに腕が横に伸びずに、曲がっていると指摘されます。

バタフライ:足の動作
- 第一キックの時に、体重の前方への移動のイメージがつかめません。
- 2回目のキックは普通は必要ないのでしょうか?
- ドルフィンキックをしたのち、腰が沈んだままとなります。

バタフライ:息継ぎ
- 呼吸なしで泳ぐと楽なのですが、呼吸を入れるとリカバリーが重くなり逆に苦しくなってきます。
- 呼吸の時の目線や頭の向きなど教えてください。
- 呼吸を入れると、手を動かすタイミングまた手の動きそのものも変わりますか。

 

●商品の詳細

セミナーのビデオファイル(MP4)がダウンロードできます。
ファイルは全部で3つのパートに分かれています。
ビデオのサイズは高解像度版:640ピクセル×360ピクセル、コンパクト版:320×180ピクセルです。
ビデオの再生時間およびファイルサイズは以下の通りです。

 

  再生時間 ファイルサイズ
(高解像度版)
ファイルサイズ
(コンパクト版)
パート1 13分15秒 193MB 59MB
パート2 12分00秒 182MB 53MB
パート3 11分16秒 168MB 50MB
合計 36分31秒 529MB 158MB

 

●ビデオファイルの利用上のご注意

各ファイルは以下の弊社指定閲覧用ソフトウェアで動作を確認しています。
  -mp4ファイル:Apple QuickTime Player(動作環境Windows XP以降, Macintosh)

上記以外のソフトウェアのご利用はサポート対象外とさせて頂きますので予めご了承ください。

 

追加情報

リリース日 2012/03/30
ビデオ
このビデオを再生するにはAdobe Flash Playerが必要です。ここをクリックしてインストールしてください。
¥540

商品のタグ