トータル・イマージョンが自信をもっておすすめするデジタル・コンテンツです。

ビデオセミナー:もっと長く泳ぎ続ける基本ステップ

¥540

詳細

水泳を続けるために最も大切なことは「やる気」を出して楽しく練習することです。上達していることや目標に向かって確実に進んでいることを感じれば、やる気が出てきます。

そこで現在よりも長く泳げるようにすることを目標にして水泳の練習を続ける場合、具体的にどのような目標を設定すればよいか、目標達成のためにどのようなアプローチで臨めばよいか、さらに上達したことを感じるためにどのような指標を使えばよいのかについて理解することで、楽しく泳ぎ続けるための知識と技術を身につけていきます。

講師はトータル・イマージョン代表の竹内慎司です。もっと長く泳ぎ続けるためのさまざまな質問にも回答しています。

●内容
セミナー本編
- 「もっと長く泳ぎ続ける」とは?
- 目標達成のためのステップ
- 現在の状況の確認
- 問題の原因と対応を考える-1 「進まない」「遅くなる」
- 問題の原因と対応を考える-2 「疲れる」
- 問題の原因と対応を考える-3 「集中できなくなる」
- さらに「長く泳ぐ」ための技術
- 「長く泳げる」効果の測定方法

もっと長く泳ぎ続ける Q&A
- 長距離では、フォームを磨く練習と距離を泳ぐ練習は分けた方がよいのでしょうか。
- 現在16ストロークです。15を目指して泳ぎ方を固めてから長距離を泳いだ方がよいですか。
- 大会で1.5kmを泳ぐのですが、プール練習では100mで立っています。
- ずっと泳ぎ続けても疲れないためには、どのくらいのペースを保つのがよいでしょうか。
- 長く泳ぐためのスタミナ強化法はありますか。
- 長距離を泳ぐと姿勢が崩れ、背中が弓なりになりスピードも落ちます。解決方法は。
- 中間あたりでマンネリになり、スピードが落ちます。
- 手のかきやキック、息継ぎは、速く泳ぐときと長く泳ぐときで変わりますか?

 

●商品の詳細

セミナーのビデオファイル(MP4)がダウンロードできます。
ファイルは全部で3つのパートに分かれています。
ビデオのサイズは高解像度版:640ピクセル×360ピクセル、コンパクト版:320×180ピクセルです。
ビデオの再生時間およびファイルサイズは以下の通りです。

 

  再生時間 ファイルサイズ
(高解像度版)
ファイルサイズ
(コンパクト版)
パート1 16分41秒 192MB 72MB
パート2 14分10秒 166MB 63MB
パート3 13分42秒 150MB 57MB
合計 44分33秒 496MB 187MB

 

●ビデオファイルの利用上のご注意

各ファイルは以下の弊社指定閲覧用ソフトウェアで動作を確認しています。
  -mp4ファイル:Apple QuickTime Player(動作環境Windows XP以降, Macintosh)

上記以外のソフトウェアのご利用はサポート対象外とさせて頂きますので予めご了承ください。

 

追加情報

リリース日 2013/03/11
ビデオ
このビデオを再生するにはAdobe Flash Playerが必要です。ここをクリックしてインストールしてください。
¥540

商品のタグ