オリジナルDVD−DVDガイド

TIスイムのメソッドを一人で練習するときに欠かせないのがDVDです。TIスイムでは水泳の目的や泳力などに合わせてさまざまなオリジナルDVDタイトルを提供しています。カリキュラムはドリルやフォーカル・ポイントに基づいて段階的に構成されていますので、自分で上達を確認しながら練習することができます。

DVDタイトル一覧表のダウンロード(PDF)

ライブレッスンはなぜ理解しやすいのでしょうか

多くのDVDタイトルにはライブレッスンが収録されています。これは実際に行われたワークショップでディレクターが説明している風景を撮影したもので、次のようなメリットがあります。
−その場にいる人に伝えるための「話し言葉」を使っているので、耳に入りやすい
−その場に参加しているような雰囲気や臨場感が得られ、聞くことに集中できる
−説明をしながらジェスチャーとして姿勢や動きを見せているので、わかりやすい
−見本に加えて一般の人たちがどのように行うかが撮影されているので、自分がやるとどうなるか予想できる
−読み上げ原稿には入れられないような細かい説明があり、理解が深まる

●ライブレッスンが収録されているDVDタイトル

・もっとカンタン・クロール、もっとカンタン・背泳ぎ、もっとカンタン・平泳ぎ、もっとカンタン・バタフライ
・カイゼン・2ビートキック、カイゼン・加速&リズム、カイゼン・息継ぎ、カイゼン・リカバリー
・テリー・ラクリン ライブ2枚組
・カンレキ・トライアスロン
・トップ・バタフライ
・アンクルストラップ徹底活用レッスン
・セラチューブ徹底活用レッスン

下の「DVDのサンプルビデオ」でも、ライブレッスンが見本として収録されています。その効果をぜひご確認ください。

どのDVDで練習すればよいのでしょうか?

●私はクロールで25m泳げません。

ハッピー・スイムをお勧めします。水中でリラックスすることや、推進力を得る仕組みについて理解することができます。

●私はTIスイムのクロールをまだ体験したことがありません。25mは泳げます。

→まずウェルカムDVDで、これまでのクロールとの違いを確認しましょう。効果があると感じたらもっとカンタン・クロールでドリルとライブレッスンを体験してみましょう。さらに練習したいときはカンタン・クロールがお勧めです。

●クロールの息継ぎが苦手です。

カンタン・息継ぎがお勧めです。息を吸う・吐くという息継ぎの基本に始まり、息継ぎのときの姿勢や動作を細かく段階的に練習することができます。

●私はカンタン・クロールのドリルを練習していますが、上達を実感できません。

カイゼン・2ビートキック/カイゼン・加速&リズム/カイゼン・息継ぎ/カイゼン・リカバリーをお勧めします。これらの技術をさまざまな角度から取り組むことで、課題を解決していきましょう。

●私はTIスイムを練習してラクに泳げるようになってきました。次に何をすればよいでしょうか。

→距離に挑戦するのであれば、チャレンジ!1000mクロールがお勧めです。またオープンウォータースイム/カンレキ・トライアスロンなど目的に合わせて練習することができます。さまざまなドリルをじっくり、しっかり練習してTIクロールを究めるのであれば疲れ知らずのクロール 10レッスンに収録されているドリルを練習しましょう。

●クロール以外の種目を練習したいのですが。

→まずもっとカンタン・背泳ぎ/もっとカンタン・平泳ぎ/もっとカンタン・バタフライをお勧めします。ラクに泳ぐための基本的な動作を、ライブレッスンで学ぶことができます。さらに練習したいときにはカンタン・背泳ぎ/カンタン・平泳ぎ/カンタン・バタフライを活用しましょう。4種目が泳げるようになればチャレンジ!個人メドレーはいかがでしょう。

●バタフライを究めたいと思います。

もっとカンタンバタフライ、カンタンバタフライの次のステップとして、チャレンジ!200mバタフライをお勧めします。200mをラクに完泳するための技術を身につけることができます。そして最後はオリンピック出場経験を持つ柴田コーチのトップ・バタフライでスピードアップを目指しましょう。

●TIスイムを教えてみたいのですが。

カンタン・クロール ドリルサポートガイドはコーチ研修でも使用する本格的な教材です。PDFのブックレットと合わせてご利用ください。またお子さまに教えたい、ということであれば我が子に教える美しいクロールをお勧めします。ドリルの練習方法だけでなく、補助の仕方も詳しく説明しています。

サンプルビデオ

このビデオを再生するにはAdobe Flash Playerが必要です。ここをクリックしてインストールしてください。

 

©Total Immersion, Ltd.