2012年9月10日
TIマスターコーチ 加藤幸恵
加藤コーチ
こんにちは、マスターコーチの加藤幸恵です。
まだまだ涼しくなる気配がない今日この頃ですが、水泳をするにはいい季節です。皆さん楽しんでプールに海に行っている事と思います。

今回のサロンこぼれ話は、マスターズスイマーであり娘さんがライバルでもある雨宮雄一さんをご紹介します。

スイミングの選手コースに通っている娘さんに勝つ!!!これが大きな目標でマスターズの大会に参加されている雨宮さん。競泳を始めてから2年が経ち、クロールはそれなりにタイムが良くなって来たがバタフライが一向に速くならず・・・・。そこでフォームから抜本的に見直そうと思い、サロンにいらっしゃいました。
雨宮さんがTIスイムを知ったのは、お友達が船堀サロンに通っており、そのお友達がTIでの成果をFacebookで紹介したことに始まります。

船堀サロンにいらっしゃるお客様の多くはトライアスロンに挑戦している方が多く、マスターズスイマーの方は決して多くはありません。大抵の方は通ってるクラブのレッスンに参加し、そのクラブの登録で大会に参加します。(公認マスターズ大会には、チーム単位で日本マスターズ水泳協会に登録していないと出場する事ができません。)
クラブの練習で満足している方が多く、とにかく練習メニューをこなしているだけの方が多いように思います。でも泳げるからこそ自分の姿を確認し、無駄を省きフォームを修正してスピードを上げていかないと進歩はしません。

でも、泳げるからこそ、自分の姿を確認し、無駄を省きフォーム修正してスピードを上げていかないと進歩しません。

雨宮さんは、自主練+TIスイムのレッスンで2ヶ月で50Mバタフライを3秒近く縮めました!!!
以下、カンタンにレポートしてもらいました。

☆☆☆娘への挑戦☆☆☆

◎バタフライのタイム短縮(10歳の娘に勝つ!、50m 37-38秒台を33-34秒台に!)

船堀サロンで6週位連続でバタフライのレッスンを受講。
その間、週4-5日×1,500〜2,000m、特にバタフライのドリルやフォーミング、50mのインターバルに重点を置いて練習。
レッスン受講2回目位から少しコツを掴んで、50mが疲れずに泳げるようになり、5回目位には今までとは全く違うスピードと疲労度で泳げるようになった。
結果として、レッスン受講から2ヶ月で50mのタイムは2-3秒縮まった。

今後の目標として、まずは秋までに50mを34秒台に、今年中には33秒台にする。・・・これでやっと、クロールのタイム(31秒台)とバランスが取れる。(クロールは30秒切を目指しますが、、、)

*レポート作成中にまたまた娘がバッタのベストを更新したため、また逆転されました(笑)。 やはり、34秒を目指さねばなりません!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

娘さんをまた追いかけなければならないようですが、親子で楽しんでいる様子が伝わってきます。父と娘で共通の話題があり、お互いに負けないように頑張っている毎日に、いいな〜♪と感じています。

さまざまな想いがあり、目標があり、どうにかしたい!!!速くなりたい!!!長く泳ぎたい!!!とレッスンにいらっしゃる皆さんを今後もサポート します。
どんな理由でも構いません。水泳は、一度覚えれば何十年も続けられるスポーツです。
生涯スポーツとして、沢山の方に水泳を知ってもらい、楽しんでもらいたいと思います。

加藤コーチへのメールはこちら・・

 

 ©Total Immersion, Ltd.