2013年4月10日
TIマスターコーチ 加藤幸恵
加藤コーチ

こんにちは、マスターコーチの加藤幸恵です。

今回のサロンこぼれ話は、トライアスロンのシーズンに入るこの時期「駆け込み寺」としてサロンにいらっしゃるお客様が多いので、このテーマでまとめてみたいと思います。

トータルイマージョンは、スイムの苦手な人の「駆け込み寺」!たくさんの本や雑誌・ブログや口コミで、そう言っていただき多くのトライアスロンを目指す方がやってきます。本当にありがたいことです。自らレッスンを受け、その良さを伝えてくれ紹介してくれる。皆さんのおかげで船堀サロンは、トライアスロンをするのにスイムが苦手ならトータルイマージョン!とまで言っていただいています。

下半身が沈んでしまう人も、腕が疲れる人も、呼吸が苦しい人も出来ない人も、どんなスイムの問題も解決しますよ☆それがトータルイマージョンですから。自信はあります!!!

駆け込み寺と言うと、「困ったときに頼りにするところ」「最後の砦」そんな風な意味だと思いますよね。それ故に、お客様の期待も高い!!!その期待にこたえるべく指導しますよ。もちろんです。サポートするのが私達の仕事ですから。

ただ、まったく泳げなくて「初めてのレースの1〜2ヶ月前」に駆け込んでこられても・・・・・泣。ということも多々あります。いや、これからの時期、多くなって来るんだと思うんです。危険信号!!!!なんでトライアスロンを???と聞くと「飲みの席でつい・・・」とか、「ノリでポチッとしちゃって」という答えが。結果オーライで確かに泳げないのにウェットスーツ着て海だと泳げちゃって、完走しちゃってということもありますよ。無いとは言いません。装備が違うんですから。でも、何か忘れてないですか???

◎海を泳ぐので、ウェット着用だとしてもそれなりの泳力が必要。

→危険と隣りあわせだと自覚してください。プールではありません。

◎バイクの事故も増えています。バイク・ランの練習もしてますか?

→陸上でのパートですが、バイク乗りこなせてますか?唯一道具を使う種目です。乗らない手はありません。

◎そして・・・、準備をするから達成感がある☆

→それまでの地道な努力や試行錯誤があって、当日の完走がとっても意味を成す!!!

ラッキー完走できちゃった!ではなく、頑張って良かった〜♪次の大会までもっと練習するぞ、速くなりたい!という気持ちになれるように、計画性のあるエントリーや挑戦をしてもらいたいと思います。

毎年トライアスロンの大会や、トレーニング中に事故でなくなる方がいます。未然に防ぐためにも、トレーニングは欠かせません。知識も必要で、準備も必要です。その準備の時間も楽しめるように、工夫していきたいと思っています。

いい季節になりましたので、みなさんが楽しんでスイムできますように☆

加藤コーチへのメールはこちら・・・

☆ ---------------- サロンこぼれ話のバックナンバー ---------------- ☆

☆震災から2年、がんばっぺ東北☆ サロンこぼれ話 第18回

☆半年で変身した8歳のとも君☆ 第17回

事前勉強の大切さ サロンこぼれ話 第16回

72歳のステキなトライアスリート サロンこぼれ話 第15回

サロンこぼれ話 第14回

学童に向けての水泳☆(サロンこぼれ話 第13回)

マンツーマンレッスンだけではないんです☆ 〜船堀サロンの有効活用〜 (サロンこぼれ話 第12回) 

 教わり上手になりましょう☆(サロンこぼれ話 第11回) 

レッスン+メールでの指導(サロンこぼれ話 第10回) 

がんばっぺ東北☆(サロンこぼれ話・番外編) 

じゃあ、そろそろ運動しませんか?(サロンこぼれ話 第9回)

ジャズピアニストと水泳(サロンこぼれ話 第8回)

しゅうちゃんは年長さん(サロンこぼれ話 第7回)

ジュニア選手たち(サロンこぼれ話 第6回)

サロンのお客様(サロンこぼれ話 第5回)

行列のできるサロン!(サロンこぼれ話 第4回)

トライアスロンに挑戦!(サロンこぼれ話 第3回)

非日常的な極上スイム体験(サロンこぼれ話 第2回)

シンクロ夫妻(サロンこぼれ話 第1回)

 ©Total Immersion, Ltd.