電子メール無料配信はこちらから

Swim Like Shinji:実録レッスン:ラクに滑るように泳ぐには トータル・イマージョン代表 竹内慎司

短時間で水泳がどこまで上達できるのか。
新しいメソッドの検証の場としてレッスンを始めた。

○お客様:Kさん(52歳)
-6ストロークしか泳げない(からだが沈むため)。
-TIレッスン受講歴:なし
-DVDなどの教材の購入:なし
-ドリルの練習:なし

からだが沈むので、泳ぎ続けることができない。
フィットネスクラブの成人レッスンに参加したことはあるが、コーチから「腹圧をかけろ」と言われたものの何をすればよいかわからなかった。
トライアスロンの大会に参加登録をしたので、1カ月で1500m泳げるようにならないといけない。
YouTubeのビデオを見て、これだと思って申し込んだ。

この続きはこちら→

水泳上達のための7つのレッスン レッスン3:スイミングの問題を解決 TIスイム創設者 テリー・ラクリン

20歳の時、自分の生まれ持った能力では、これ以上上達するのは無理だと思っていました。40歳の時、効率の3つの要素に基づいてストロークを修正し始めました。それらの要素を習得することによって、私は55歳にして、20歳の時より早く泳げるようになったのです。それだけでなく、オープンウォーターの国内記録をも破ったのです。62歳になっても、自分のストロークはまだまだ改善できると感じました。

ティム・フェリスさんのように、私も海のそばで育ちましたが、私はラッキーでした。10歳までに水泳を習い、高校と大学では多くの大会にも出場しました。と言っても、私もティムさんと同じように、挫折を経験しました。

15歳から18歳まで、私のトレーニングは徐々に長く、きつくなっていき、タイムも着実に縮んでいきました。19歳の時、記録が伸びなくなったので、さらにトレーニングに力を入れました。しかし、やり過ぎから、体調が悪くなるだけでした。20歳の大学最後の時 、私のタイムは上がるどころか、かなり下がってしまったので、シーズンが終わり引退できることにほっとしたのを覚えています。

この続きはこちら→

けのびの姿勢 TIマスターコーチ 加藤幸恵

マスターコーチ加藤幸恵です。
いつもサロンこぼれ話や悩み相談室でも記載しているので、ワンポイントアドバイスで出すネタもだんだん難しくなってきているのですが(笑)。

「けのび」「ふしうき」って必ず一番初めに習いましたよね?
これってスイムのどの場面で使ってますか?

この続きはこちら→


ストローク数とスピードのバランス TIシニアコーチ 中村大輔

TIジャパン・シニアコーチの中村大輔です。
いつもトータル・スイム・マガジンをご覧頂きまして、ありがとうございます。
今回はストローク数とスピードのバランスについてお話しします。

--25mを12ストロークで泳ぐ

何だか、上級者っぽい感じがしますよね?
だたしその時のタイムが40秒掛かっていたとしたら、どうでしょう?

この続きはこちら→

サロンこぼれ話 第57回 ☆プールでの「あるある」☆ TIマスターコーチ 加藤幸恵

こんにちは、マスターコーチの加藤幸恵です。東京は桜の季節も早々終わり、新緑初夏に向けてどんどん加速していますね。私の地元岩手は今が桜満開となっているようです。気温も上がりプールから遠のいていた方もそろそろ動き出した頃ではないでしょうか。

泳ぐ頻度・距離・種目・目的は人それぞれです。いろんな目的の方がプールの箱の中で一緒に泳ぐことになるので、さまざまなことがあると思います。船堀サロンに来る方々から耳にする「プールあるある」をまとめてみました。「ああ、それってよくあることなんだ~。自分だけじゃなかったのか~。」と思って読んでいただき、『お互いに譲り合って周りを見て泳がないといけないんだな』と理解して練習をしていただければと思います。最初にも言いましたが、これからどんどん混み合う時期になりますので☆

この続きはこちら→

TIスイムお悩み相談室 室長加藤幸恵

○背泳ぎは顔が水上に出ているのに苦しいのです。息は吸えるはずなのですが、どうしてでしょうか?

背泳ぎは上向きで顔が水面から出ているとはいえ、いつでも勝手に息を吐いたり吸ったりするわけではありません。鼻から息を出し口から息を吸う、手を動かすときにあわせて行ってみてはどうでしょうか。
また、常に顔が水面から出ているのですからキックはクロールの2ビートのようにはいきません、水面近くまで蹴れているか確認をしましょう。

○海で長距離を泳ぐときに休む姿勢はあるのですか?今は顔上げ平泳ぎをしていますが手と足が疲れます。

もちろんあります。手も足も休むためには上向きで背浮きの状態で浮くことです。
ウェットスーツを着ていれば上向きで手も足も休憩でき、息もしっかり吸う時間も作れるため休憩の姿勢として最適です。背浮きでバランスが取れるように練習しておくと、なお安心です。

新商品のご紹介

新カンタン・クロールDVD

12年間、のべ15,000人以上の中高年のスイマーを指導した経験に基づいて、中高年スイマーでも取り組みやすいドリル形式でクロールが学べるようにしました。水の中でリラックスしてから、バランスのとれた姿勢で水の抵抗を減らして、前後と左右の重心移動を効率良く行うことでラクできれいな泳ぎを目指します。
詳細はこちら→


クロール 問題解決のためのフォーカル・ポイント集DVD

3000人以上のクロールを分析することで、多くのスイマーに見られる共通の問題点を解決するための43のフォーカル・ポイントを分野別にまとめました。意識をする部位やタイミング、内容を簡潔に説明しているので、ご自分の課題に合わせていくつかのポイントをビデオで確認してから練習すると大変効果的です。
詳細はこちら→


美しいクロール 解体新書DVD

YouTube世界一位のアクセス数を誇る「美しいクロール」。世界が認める芸術的な泳ぎを徹底的に分析して、美しく泳ぐための技術を様々なアプローチで学べるようにしました。クロールを泳ぎながら意識する点だけでなく、練習のためのドリルやリハーサルも充実しています。技術を身につけて美しいクロールを泳ぎましょう!美しいクロールを泳ぐことを目的として、様々な技術を段階的にマスターします。
詳細はこちら→


オープンウォータースイム スピードアップスキルDVD

オープンウォータースイミングでは、潮の流れやうねりなど、泳ぎに影響を与える環境の変化があります。また長距離を泳ぐときには、疲れによりフォームが崩れることで、泳ぎが劣化します。環境の変化や自分の状況に合わせて泳ぎ方を変える(ギアを変える)ことにより、効率を維持して劣化を抑えることが大切です。
詳細はこちら→


Cのちから

ビタミンCの酸化作用を利用して、プールの残留塩素を瞬時に分解するスプレーです。食品用のビタミンCと水だけを窒素充填しているので、安心してお使い頂けます。プールの塩素にお困りの方にお勧めです。
まとめ買いがお得!好評につきミニ3本セットを新たに設定しました。お友達と共同購入して、塩素の悩みを解消しましょう。
詳細はこちら→