TIスイムの情報誌 毎月1回発行  2017.11.10更新
最新号を電子メールでご覧になりたいときは

Swim Like Shinji:TI創設者テリー・ラクリンとTIが支持された理由   トータル・イマージョン代表 竹内慎司

2017年10月20日に伝説の人となったテリー・ラクリン。
彼の考案したトータル・イマージョンというメソッドがなぜ画期的で、多くのスイマーに受け入れられたかを考えてみる。

理由1:効率泳ぐ技術は大人になってからでも習得できることを証明した
上手な中年スイマーは、大方過去に水泳部に所属して泳いでいた人達である。大人になってから水泳を習った人とはすぐに見分けがつく。その違いを「技術」の観点で分析して、ドリルの形で習得可能にしたことが、テリーの最大の貢献である。

もっともこれは、彼自身の生い立ちが大きく影響している。最年少で大学の水泳部のコーチに就任したテリーは、速さを結果として常に求められる世界に居た。自分が遅いならあきらめもつくが、チーム全体のスイマー全員に対して責任を求められるのは大変なことであっただろう。

この続きはこちら→


息を吐く時は口から?鼻から? TIスイム創設者 テリー・ラクリン

先週Eメールで「息を吐く時は口からですか?それとも鼻からですか?」という質問が届きました。私は泳いでいる時にどちらでするかは意識していなく、自然とやっていますが、多分疑問に思っているスイマーは多くいると思うので、今回そのことを取り上げることにしました。

20年前、私は鼻で息をするという考えはありませんでした。しかし、ジョン・ドゥイラード博士が彼の著書「ボディー、マインド、スポーツ」で、エアロビックスポーツ(ウォーキング、ハイキング、ランニング、サイクリング等)では、鼻で息をすることを勧めていました。

この続きはこちら→


フォルクスワーゲンバンパー TIマスターコーチ 永瀬利得

TSM読者の皆様
お世話になっております。永瀬です。
TIの創設者であるテリーの訃報に際し、心よりお悔やみ申し上げます。

今日はそんなテリーコーチから教わったフォルクスワーゲンバンパー(Ankerアンカーをかける)についてご紹介しましょう。

10年前になりますが、テリーコーチ来日に合わせて、東京・大阪にてワークショップ、イベントが実施されました。その際、テリーコーチのティーチングで一番印象に残ったのが、この「フォルクスワーゲンバンパーのようにアンカーをかける」ということです。

この続きはこちら→


平泳ぎの頭を水上に出すタイミング TIマスターコーチ 高橋嘉仁

トータル・イマージョン高橋です。

今回は平泳ぎの頭を水上に出すタイミングの話です。

手の動きは下図のような2次元の動きはしていませんが、単純に考えて説明したいと思います。

この続きはこちら→


TIスイムお悩み相談室 室長加藤幸恵

○クロールが得意でないのですが、バタフライが泳ぎたいのです。それは無理な話なのでしょうか。

水泳は一般的にクロールから教えるため、このように思っている方がほとんどだと思いますが、学校体育でもなければスイミングスクールの進級順が関係しているわけでもない「大人の水泳」です。この場合、クロールから順番にやらなければならない規則はありません。特にマンツーマンや少人数で指導しているTIスイムであればお好きな順に受講していただけます。

子供がスイミングスクールの選手コースに通っています。週に6日練習しているのですがタイムも上がりません。練習を見ているとフォームも気になるのですが、コーチが直してくれる感じもありません。どうすればいいでしょうか。

どこのスイミングでも1人のコーチに対しての持ち人数が多く、特に選手コースになると泳ぐ量とタイムだけが目に付いてしまいます。クラブごとにカリキュラムが決まっているわけでなく、各担当コーチに任せっきりになっているのが現状です。ギャラリー等でご自分のお子様の泳ぎを見ていると多々気になることも多いでしょう。ただ量を泳がせるだけでは速くなりません。どのような動きをするべきなのか、今どうなっているのか、理解させながら意識させながら泳げるように導いてあげなければなりません。


新商品のご紹介

新カンタン・クロールDVD

12年間、のべ15,000人以上の中高年のスイマーを指導した経験に基づいて、中高年スイマーでも取り組みやすいドリル形式でクロールが学べるようにしました。水の中でリラックスしてから、バランスのとれた姿勢で水の抵抗を減らして、前後と左右の重心移動を効率良く行うことでラクできれいな泳ぎを目指します。
詳細はこちら→


クロール 問題解決のためのフォーカル・ポイント集DVD

3000人以上のクロールを分析することで、多くのスイマーに見られる共通の問題点を解決するための43のフォーカル・ポイントを分野別にまとめました。意識をする部位やタイミング、内容を簡潔に説明しているので、ご自分の課題に合わせていくつかのポイントをビデオで確認してから練習すると大変効果的です。
詳細はこちら→


TIマイクロファイバー超吸水タオル

プールから上がったらすぐに使うフェイスタオルは、からだの冷えや塩素からのダメージを防ぐのにとても大切なグッズの一つですね。この超吸水タオルは、通常のタオルと同じパイル状になっているので肌にとてもやさしく水分を拭き取ることができます。水分をたっぷり含んだら、プラセームのように絞ってまた使うことができます。
詳細はこちら→


美しいクロール 解体新書DVD

YouTube世界一位のアクセス数を誇る「美しいクロール」。世界が認める芸術的な泳ぎを徹底的に分析して、美しく泳ぐための技術を様々なアプローチで学べるようにしました。クロールを泳ぎながら意識する点だけでなく、練習のためのドリルやリハーサルも充実しています。技術を身につけて美しいクロールを泳ぎましょう!美しいクロールを泳ぐことを目的として、様々な技術を段階的にマスターします。
詳細はこちら→


オープンウォータースイム スピードアップスキルDVD

オープンウォータースイミングでは、潮の流れやうねりなど、泳ぎに影響を与える環境の変化があります。また長距離を泳ぐときには、疲れによりフォームが崩れることで、泳ぎが劣化します。環境の変化や自分の状況に合わせて泳ぎ方を変える(ギアを変える)ことにより、効率を維持して劣化を抑えることが大切です。
詳細はこちら→


Cのちから

ビタミンCの酸化作用を利用して、プールの残留塩素を瞬時に分解するスプレーです。食品用のビタミンCと水だけを窒素充填しているので、安心してお使い頂けます。プールの塩素にお困りの方にお勧めです。
まとめ買いがお得!好評につきミニ3本セットを新たに設定しました。お友達と共同購入して、塩素の悩みを解消しましょう。
詳細はこちら→


 ©Total Immersion, Ltd.