TIスイムの情報誌 毎月1回発行  2017.7.10更新
最新号を電子メールでご覧になりたいときは

Swim Like Shinji:「強く泳いで」10%速くする  トータル・イマージョン代表 竹内慎司

新しいカンタン・クロールのコンテンツ作成が一段落して、速く泳ぐための練習について研究している。これまで提案してきた練習をゼロベースで見直して、より効率良く練習できるようにすることが目的である。

○テンポを速くすれば速く泳げるのか?
テンポ・トレーナーはスピード練習に欠かせないツールである。製造元のFinisは、速く泳ぐためには速いテンポで泳ぐようにアドバイスしている。参考として過去のオリンピックの男女別・距離別の平均テンポ一覧が付属している。しかし0.70秒とか0.60秒とか、中年スイマーにはありえない数字が並んでいるので役に立たない。

そこでテンポを速くすれば速く泳げるのか実験してみた。200mのセット(200mを数回泳ぐ)において、テンポを1.30秒から1.00秒まで0.05秒刻みで速くした。泳いでいるときは「入水をビープ音に合わせる」ことにのみ集中した。

この続きはこちら→


心に残る誕生日のスイミング TIスイム創設者 テリー・ラクリン

数週間前に、ロングアイランドのスイミングクラブで、日曜日の朝に行われた上級マスターズのクラスで2時間泳ぎました。50代半ば以来、1回のプールセッションでは一番長い5000ヤード近く泳げたことに、自分でも驚きました。

クラスのコーチであるリサ・バウマンさんは、40年前彼女がまだ10代の時に私が指導したことがあり、それ以来の付き合いです。私がそのクラスに参加した時、彼女がクラブの毎年の恒例で行われる100x100(100ヤードを100本)トレーニングイベントに誘ってくれました。このようなイベントは全米各地のマスターズのグループで毎年行われています。私はこれまで、このようなイベントに参加することを真剣に考えたことはありませんでした。100回も同じ距離をただひたすら繰り返すことは飽きてしまうと思っていたからです。

この続きはこちら→


片手ストロークドリル(One Arm Stroke Drill) TIマスターコーチ 永瀬利得

TSM読者の皆様 お世話になっております。永瀬です。ドリルワークのご紹介第2弾です。

片手ストロークドリル(One Arm Stroke Drill)

今回、ご紹介するこの片手ストロークドリルですが、体のローリングと腕の回旋による体の軸を意識する最適のドリルです。また、呼吸も入れられれば、息継ぎのスキルアップを図ることもできます。では、やり方を説明しましょう。

この続きはこちら→


バタフライのキック TIマスターコーチ 高橋嘉仁

トータル・イマージョン高橋です。今回はバタフライのキックのお話です。

バタフライは1ストロークに2回キックします。第1キックは沈むキック、第2キックは浮上するためのキックです。第1キックは股関節と膝を曲げてしっかりと打ち下ろします、第2キックは膝下だけを曲げて打ち下ろさずに軽く伸ばす程度です。

この続きはこちら→


TIスイムお悩み相談室

○ドリルを繰り返し練習していますが、なかなかタイムが縮まらない状況です。効果的な練習方法はありますか?

ドリルだけを行っていても速く泳げるようにはなりません。また、長く泳ぎ続けているだけでも速く泳げるようにはなりません。速くなる為には目標のタイムを設定し、そのペースで泳ぐ練習を行う必要があります。ドリル練習と平行し、設定タイムで泳ぐ練習を取り入れて練習してみて下さい。

肘を高く上げてリカバリーを行うと体が沈み肩が痛くなってしまうのですが、改善策はありますか?

リカバリーの腕を上に持ち上げてしまうと腕の重さで体は沈んでしまいます。また、腕を持ち上げようと肘を後ろに引いたままリカバリーを行うと肩を痛めてしまいます。水中動作を終えたらスムーズに横からスイングするようにリカバリーを行いましょう。また、体は斜めのスケーティング姿勢を保つようにしましょう。


新商品のご紹介

新カンタン・クロールDVD

12年間、のべ15,000人以上の中高年のスイマーを指導した経験に基づいて、中高年スイマーでも取り組みやすいドリル形式でクロールが学べるようにしました。水の中でリラックスしてから、バランスのとれた姿勢で水の抵抗を減らして、前後と左右の重心移動を効率良く行うことでラクできれいな泳ぎを目指します。
詳細はこちら→


クロール 問題解決のためのフォーカル・ポイント集DVD

3000人以上のクロールを分析することで、多くのスイマーに見られる共通の問題点を解決するための43のフォーカル・ポイントを分野別にまとめました。意識をする部位やタイミング、内容を簡潔に説明しているので、ご自分の課題に合わせていくつかのポイントをビデオで確認してから練習すると大変効果的です。
詳細はこちら→


TIマイクロファイバー超吸水タオル

プールから上がったらすぐに使うフェイスタオルは、からだの冷えや塩素からのダメージを防ぐのにとても大切なグッズの一つですね。この超吸水タオルは、通常のタオルと同じパイル状になっているので肌にとてもやさしく水分を拭き取ることができます。水分をたっぷり含んだら、プラセームのように絞ってまた使うことができます。
詳細はこちら→


美しいクロール 解体新書DVD

YouTube世界一位のアクセス数を誇る「美しいクロール」。世界が認める芸術的な泳ぎを徹底的に分析して、美しく泳ぐための技術を様々なアプローチで学べるようにしました。クロールを泳ぎながら意識する点だけでなく、練習のためのドリルやリハーサルも充実しています。技術を身につけて美しいクロールを泳ぎましょう!美しいクロールを泳ぐことを目的として、様々な技術を段階的にマスターします。
詳細はこちら→


オープンウォータースイム スピードアップスキルDVD

オープンウォータースイミングでは、潮の流れやうねりなど、泳ぎに影響を与える環境の変化があります。また長距離を泳ぐときには、疲れによりフォームが崩れることで、泳ぎが劣化します。環境の変化や自分の状況に合わせて泳ぎ方を変える(ギアを変える)ことにより、効率を維持して劣化を抑えることが大切です。
詳細はこちら→


Cのちから

ビタミンCの酸化作用を利用して、プールの残留塩素を瞬時に分解するスプレーです。食品用のビタミンCと水だけを窒素充填しているので、安心してお使い頂けます。プールの塩素にお困りの方にお勧めです。
まとめ買いがお得!好評につきミニ3本セットを新たに設定しました。お友達と共同購入して、塩素の悩みを解消しましょう。
詳細はこちら→


 ©Total Immersion, Ltd.