TIスイムの情報誌 毎月1回発行  2017.2.10更新
最新号を電子メールでご覧になりたいときは

Swim Like Shinji:かかない、けらない トータル・イマージョン代表 竹内慎司

スイム:3200yds
25年間で最長の日本出張から帰国して、気温12度の屋外プールで泳いでいる。水温は26度はあるので、最初の100を過ぎれば暖かく感じる。ただし雨が降ると話は別なので、晴れの日だけ水泳というルールにしている。

昨年末より練習会で撮影したお客様のスイムビデオを詳細に分析している。水上横、水中横、水上前、水中前の4アングルをHD画質で撮影しているので、これまでのどのビデオよりもクリアに課題がわかる。

練習会に参加するお客様はTIドリルを練習されているカイゼンレベルのスイマーがほとんどなので、前後のバランスがとれていてスイッチのタイミングも良い。一方で手を伸ばす位置が深く、からだが回転しすぎであること、入水後に手を伸ばす方向が内側を向いていることが共通の課題として挙げられる。

この続きはこちら→


T.I. (‘Tee-Aye’) Chi TIスイム創設者 テリー・ラクリン

メリーランド州ブーイ在住で、TI愛好家のブライアン・サデスさんは、盲目の同僚マークさんにTIの効率性を習得する手助けをしています。

マークさんは、マラソンに挑戦しましたが、怪我で途中棄権を余儀なくされました。そして、彼の新しい目標は、グレート チェサピーク湾の1マイルチャレンジに参加して、オープンウォーターで1マイルを泳ぎ切ることです。ブライアンさんは彼の練習をサポートし、本番で彼のガイドを務めることにしました。

マークさんの最初のプールでの練習で、ブライアンさんが気づいたのは次の事です。

この続きはこちら→


アンダースイッチでの息継ぎ TIマスターコーチ 永瀬利得

今回はアンダースイッチでの息継ぎについてお話しします。

アンダースイッチのドリルはそれ自体が地味で、レッスンでお客様にも、「練習していますか?」と聞くと、みなさん目線を外らせてしまいます(笑)。

息継ぎのスキルアップに、これほど有用なドリルはないので、お付き合いください。

この続きはこちら→


基本の構え TIマスターコーチ 高橋嘉仁

どのスポーツでも基本の構えはあります。

ネットで調べると様々なスポーツの構えが出てきます。

水泳の基本の構えは、一般的にストリームラインと言われ、水面と水平になる伏し浮きの状態です。

ただし構えは構えであり、構えの状態からどのように動くかを理解し動作させなければなりません。

この続きはこちら→


TIスイムお悩み相談室

○左右両サイドで息継ぎを行いたいのですが、苦手な側は顔が水面下になってしまい出来ません。

息継ぎをする前の段階で頭を入れ過ぎてしまっているか、苦手な側は体の傾きが浅い為顔が水面に出てこないのだと思います。頭を入れ過ぎないように注意し、頭を上げるのではなく体と一緒に回す意識で行うようにしましょう。

○リカバリーで肘が下がり水しぶきが上がってしまうのですが、どのようにしたら改善されるでしょうか?

体が斜めにならず平らな状態になってしまうと、肘から入水してしまいます。入水するまで体が斜めの状態を保てていれば、肘が下がる事はないので指先から入水できます。体が平らにならないよう斜めの姿勢を長く保つようにしましょう。


新商品のご紹介

クロール 問題解決のためのフォーカル・ポイント集DVD

3000人以上のクロールを分析することで、多くのスイマーに見られる共通の問題点を解決するための43のフォーカル・ポイントを分野別にまとめました。意識をする部位やタイミング、内容を簡潔に説明しているので、ご自分の課題に合わせていくつかのポイントをビデオで確認してから練習すると大変効果的です。
詳細はこちら→


TIライトバッグ

ゴーグルやタオル、練習メニューやテンポトレーナー、水筒など、TIスイマーがプールに持ち込むグッズはたくさんあります。持ち込む点数が多くて、忘れ物をしたことはありませんか?そんなときにはこのライトバッグです。重さわずか17gと超軽量、しかも折りたためばとてもコンパクトになります。
詳細はこちら→


TIマイクロファイバー超吸水タオル

プールから上がったらすぐに使うフェイスタオルは、からだの冷えや塩素からのダメージを防ぐのにとても大切なグッズの一つですね。この超吸水タオルは、通常のタオルと同じパイル状になっているので肌にとてもやさしく水分を拭き取ることができます。水分をたっぷり含んだら、プラセームのように絞ってまた使うことができます。
詳細はこちら→


美しいクロール 解体新書DVD

YouTube世界一位のアクセス数を誇る「美しいクロール」。世界が認める芸術的な泳ぎを徹底的に分析して、美しく泳ぐための技術を様々なアプローチで学べるようにしました。クロールを泳ぎながら意識する点だけでなく、練習のためのドリルやリハーサルも充実しています。技術を身につけて美しいクロールを泳ぎましょう!美しいクロールを泳ぐことを目的として、様々な技術を段階的にマスターします。
詳細はこちら→


オープンウォータースイム スピードアップスキルDVD

オープンウォータースイミングでは、潮の流れやうねりなど、泳ぎに影響を与える環境の変化があります。また長距離を泳ぐときには、疲れによりフォームが崩れることで、泳ぎが劣化します。環境の変化や自分の状況に合わせて泳ぎ方を変える(ギアを変える)ことにより、効率を維持して劣化を抑えることが大切です。
詳細はこちら→


Cのちから

ビタミンCの酸化作用を利用して、プールの残留塩素を瞬時に分解するスプレーです。食品用のビタミンCと水だけを窒素充填しているので、安心してお使い頂けます。プールの塩素にお困りの方にお勧めです。
まとめ買いがお得!好評につきミニ3本セットを新たに設定しました。お友達と共同購入して、塩素の悩みを解消しましょう。
詳細はこちら→


 ©Total Immersion, Ltd.