-知的に泳いで速くなる-
年を重ねる毎に衰える筋肉に依存した練習ではなく、現在の自分のフォームと効率を理解し、 より効率を上げトップスピードを維持するための知的な練習を積み重ねることで速く泳ぎましょう。

速く泳ぐためのアプローチ

「速く泳ぐ」ためにスイマーが普通行うのは、

  1. もっとがんばって練習する
  2. 体力をつける

の2つです。しかし筋力も体力も年々衰える大人が練習しても、速度の向上には限界があります。

それではTIスイムではどのようなアプローチで「速く泳ぐ」ことを実現するのでしょうか。それは次のようにシンプルなものです。

  1. 速度の底上げ
  2. ピーク速度の持続

1.速度の底上げ

人間は常に同じスピードで泳いでいるのではなく、ストロークの中で速いときと遅いときがあります。
最も速いとき、それは自分が進んでいると感じるときで、多くの人は手で水をかいた直後と答えるでしょう。

それでは最も遅いときはいつでしょうか。答えは「呼吸しているとき」または「手が水上を動いているとき(リカバリー)」です。

速く泳ぐためには、この遅く泳いでいる間を短くする、あるいは底上げすることが必要です。
遅くなる原因は抵抗にあるので、呼吸しているときやリカバリーのときに抵抗の少ない姿勢にします。

ワークショップでは基本的なドリルをいくつか実践しながら、抵抗の少ない姿勢を作り出すことで速度の底上げの基礎を作ります。
次にストローク数やテンポのコントロールにより、速度の底上げのために必要なフォーカルポイントを決定していきます。

2.ピーク速度の持続

オリンピックの決勝に残る選手の体力や筋力、出せるスピードはほとんど変わらないと言われています。
それでは何で順位が決まるのでしょうか。それはトップスピードをどれだけ長く維持できるかです。

各選手が出せるエネルギーの総量もそれほど変わらないのであれば、後はいつどのようにエネルギーをセーブするかが、 トップスピードを維持できる距離の長さに関わってきます。

そこでこのワークショップでは「メリハリをつけたエネルギー配分」を意識することで、 最も効率が良くスピードが出せる「ベストストローク」を身につけます。
次にベストストロークを1ストロークずつ増加させることで、効率を維持したままトップスピードの距離を伸ばす練習を行います。

スピード・ワークショップのテーマと内容

現在2つのテーマのワークショップがあります。

スピード・クロール

中距離(200m)~長距離を続けて速く泳ぎたい方、普段のスイムの平均スピードを上げたい方に最適のワークショップです。
ストローク数を維持しながらテンポを上げるために必要なフォーカルポイントについてカバーします。

スプリント・クロール

短距離(25m~100m)を速く泳ぎたい方に最適のワークショップです。
泳ぐ時間が短いために効率に加えて「トップスピードを上げる」ことも大切な技術になります。
スプリントに欠かせない効率の良い6ビートキックや、スピードアップにつなげるための水中ストロークの技術、さらにスタート・ターン後のアップテンポのドルフィンキックもカバーします。

前後2回のビデオ撮影と分析

  • ワークショップ前後にはスイムを撮影し、クラスルームセッションでビデオ分析を行います。
  • 最初のビデオ分析では泳ぎの課題とその原因、さらに解決のための方法についてディレクターが説明します。
    午後のプールセッションはその課題や解決方法を意識して練習することができます。
  • さらにワークショップ後のビデオ分析では、ワークショップにおいて解決した点や今後の課題について個別にアドバイスをします。
    ワークショップ後の練習方針が明確になります。
  • ビデオはワークショップ前後をつなげた形で編集し、後日ダウンロード提供します。
    当日メモしたビデオ分析結果と合わせて復習にご活用ください(DVD郵送は有料オプション)。


ビデオ分析で課題が明確に

どのような人が参加できるのですか?

本ワークショップは「カイゼン・レベル」です。
一般の方でも受講可能ですが、以下のような方を主な対象と想定して高い成果が得られるようにカリキュラムを組みます。

  • カンタン・クロール ワークショップの受講経験のある方
  • カンタン・クロール スクール(荻窪または船堀)の受講経験のある方
  • TIスイムのクロールのドリルを独習で学び、ドリルの内容を理解し実践している方

時間進行(予定)

9:30 イントロ/ドライランド
10:00 プールセッション
撮影・ドリル練習
12:00 昼食(各自)
13:00 クラスルーム
ビデオ分析
14:00 プールセッション
ドリル練習・撮影
16:15 クラスルーム
ビデオ分析
17:00 終了

各プールセッション終了後に着替えます。

ワークショップ開催要項

日時 東京会場:実施日が決定され次第申し込みを開始致します。
岐阜会場:実施日が決定され次第申し込みを開始致します。
実施頻度:各会場年2回予定
場所 東京会場:フィットネス&スパ スカイフィット
東京都杉並区上荻1-5-1
JR中央線・東京メトロ丸の内線荻窪駅北口徒歩3分
-新宿駅から中央線快速 10分
-駐車場はありません
(アクセスはこちら→
ビデオ説明はスカイフィット地下2階駐輪場のスペースを 間仕切りした場所で行います。
※下記に該当する方は施設利用ができず、レッスン参加が出来ませんので予めご了承ください。
・刺青、タトゥーのある方
・医師に運動を止められている方


岐阜会場:ドルフィンスイミングスクール
 岐阜県岐阜市大蔵台10-28
・JR岐阜駅より岐阜バス三輪釈迦前ゆき(加野団地線)大蔵台バス停から徒歩1分
・東海北陸道 関インターから15分
(アクセスはこちら→
・駐車場あり(無料)
料金 ・1名12,960円
・同居家族2名で21,600円
(消費税込み、昼食別)
・マルチパスご利用の場合:ワークショップ1回分
料金のお支払い:クレジットカードまたは銀行振り込み
ワークショップ中に撮影したビデオは、後日インターネット上でダウンロードできるようになります。
定員 東京会場:12名様(最少催行人数:6名)
岐阜会場:12名様(最少催行人数:2名)
持ち物 水着、キャップ、ゴーグル、タオル、筆記用具

ワークショップのお申し込み

  • 申し込み受付中のワークショップがある場合は、下に申し込みボタンが表示されます。
  • 会場によりお申し込み用ボタンが異なりますのでご注意ください。
  • 申し込みボタンをクリックして申し込みフォームを開き、必要事項を入力して送信してください。折り返し確認のメールが届きます。
  • お客様がお申し込みになる段階で最小催行人数に達していない場合、お申し込み時点および実施1ヶ月前、実施2週間前に 最小催行人数に達しているかどうかを報告いたします。
    最小催行人数に達していない場合には、キャンセルとなる場合もありますので交通機関や宿泊施設の予約は弊社からのご連絡に従い予約をお願いいたします。
    なお催行中止となった場合、お客様がご利用となる交通機関や宿泊場所に関するキャンセル料については減免とさせていただきますので予めご了承ください。
  • クレジットカードによるお支払いの場合、催行が確定した段階で、事前発送するオプションを除く参加料金の決済を行います。
    銀行振り込みをご希望のお客様はお申し込み受付完了メールに記載されている銀行口座にお振り込みください。
    ご注意:お申し込み後カード決済または銀行振り込みが72時間以内に完了しない場合はキャンセルとなり、キャンセル待ちのお客様に権利が移行しますのでご了承ください。

ご注意(必ずお読みください)

  • キャンセルポリシーはこちらのページです。
  • イベントのキャンセルや変更等のご連絡は電子メールまたはFAXでのみとなります(電話では受け付けておりません)。
    電子メール送信先:support@tiswim.jp
    FAX番号:03-4496-6047
  • 施設内は禁煙です。
  • 未成年者の場合は保護者の同意書が必要です。

お問い合わせ:info@tiswim.jpまでお願いします。電話によるお問い合わせには回答できませんのでご了承ください。