ワークショップ/イベント−スピード・シリーズ

−知的に泳いで速くなる−
これまでの水泳にはないアプローチで速く泳げるようになる

年を重ねる毎に衰える筋肉に依存した練習ではなく、現在の自分のフォームと効率を理解し、より効率を上げトップスピードを維持するための知的な練習を積み重ねることで速く泳ごうというのがスピード・ワークショップの目的です。

速く泳ぐためのアプローチ

「速く泳ぐ」ためにスイマーが普通行うのは、

  1. もっとがんばって練習する
  2. 体力をつける

の2つです。これから筋力も体力も増える中高生や大学生であれば根性を入れて上記2つを行えばよいのですが、筋力も体力も年々衰える大人が同じように練習しても速度の向上には限界があります。またかつてハードな練習をしたことのないスイマーがコーチの指導なしにパドルを使ったり、毎日数千メートルも泳げば、怪我の少ない水泳でも怪我をするリスクが高くなります。

それではTIスイムではどのようなアプローチで「速く泳ぐ」ことを実現するのでしょうか。それは次のようにシンプルなものです。

  1. 速度の底上げ
  2. ピーク速度の持続

1.速度の底上げ

人間は常に同じスピードで泳いでいるのではなく、ストロークの中で速いときと遅いときがあります。最も速いとき、それは自分が進んでいると感じるときで、多くの人は手で水をかいた直後(平泳ぎではキックした直後)と答えるでしょう。

それでは最も遅いときはいつでしょうか。答えは「呼吸しているとき」または「手が水上を動いているとき(リカバリー)」(クロール、バタフライ、背泳ぎ)「足の引きつけ動作」(平泳ぎ)です。リカバリーについていえば、手を水から出すことで、浮力がその分失われます。また呼吸をすることで、頭が上がり水の抵抗を受けます。このように呼吸しているときには、速度を落とす原因がたくさんあります。

速く泳ぐためには、この遅く泳いでいる間を短くする、あるいは底上げすることが必要です。遅くなる原因は抵抗にあるので、呼吸しているときやリカバリーのときに抵抗の少ない姿勢にします。またリカバリーのスピードを上げることで、遅く泳いでいる間の速度を速くします。実際速く泳ぐ人ほど、速いときと遅いときの落差が少ないのです。この落差はエネルギーの消費に直結するので、速く泳ぐ人ほどエネルギーを使わないことになります。

ワークショップでは基本的なドリルをいくつか実践しながら、抵抗の少ない姿勢を作り出すことで速度の底上げの基礎を作ります。次にストローク数をカウントしながら泳ぐギアリングの練習、およびタイムを計測し合算するスイミングゴルフの練習を行うことにより、速度の底上げのために必要なフォーカルポイントを決定していきます。

2.ピーク速度の持続

オリンピックの決勝に残る選手の体力や筋力、出せるスピードはほとんど変わらないと言われています。それでは何で順位が決まるのでしょうか。それはトップスピードをどれだけ長く維持できるかです。

各選手が出せるエネルギーの総量もそれほど変わらないのであれば、後はいつどのようにエネルギーをセーブするかが、トップスピードを維持できる距離の長さに関わってきます。トップアスリートのリカバリーする手は、いずれもとてもリラックスしています。エネルギーを使うタイミングと量についてメリハリをつけることが、トップスピードを長く維持することにつながるのです。

そこで今回のワークショップでは「メリハリをつけたエネルギー配分」を意識することで、最も効率が良くスピードが出せる「ベストストローク」を身につけます。次にベストストロークを1ストロークずつ増加させることで、効率を維持したままトップスピードの距離を伸ばす練習を行います。またテンポトレーナーを使い、ローテンポで効率を追究したうえでハイテンポに切り替える練習も取り入れます。

ワークショップのテーマと内容

スピード・クロール

テンポを上げやすいクロールでは、速く泳ごうと思ってテンポを上げるものの、空回りして結局タイムが伸びないことがよくあります。このためクロールでは、「空回りしないテンポ」を把握し、練習により徐々に早めることで、ストローク数の増加を抑えたテンポアップを図ります。

ワークショップではスイミングゴルフを実施し、タイムとストロークのバランス感覚を養います。またストローク数を維持しながらテンポを上げるために必要なフォーカルポイントについても、個別に確定していきます。

目標の距離、タイムを達成するために、現在必要なフォーカルポイントや練習の方法、習得すべきストローク数とテンポの関係についても明らかにしていきます。

中距離(200m)〜長距離を続けて速く泳ぎたい方、普段のスイムの平均スピードを上げたい方に最適のワークショップです。

スプリント・クロール

短距離(25m〜100m)では、泳ぐ時間が短いために効率に加えて「トップスピードを上げる」ことも大切な技術になります。

ワークショップではスプリントに欠かせない効率の良い6ビートキックや、スピードアップにつなげるためのリカバリーや息継ぎの技術、さらに推進力を増やすためのアンカーと水中の手の動かし方についても磨いていきます。

さらにスピードアップに欠かせないスタート・ターン後のアップテンポのドルフィンキックについても練習します。

2回のビデオ分析により自分の課題が明確に

ワークショップ前後にはスイムを撮影し、クラスルームセッションでビデオ分析を行います。最初のビデオ分析では現在発生している泳ぎの問題とその原因、さらに解決のための方法についてディレクターが説明します。2回目のプールセッションはビデオ分析で得られた情報にもとづいて練習することができます。

さらにワークショップ後のビデオ分析では、ワークショップにおいて解決した点や今後の課題について個別にアドバイスをしますので、ワークショップ後の練習方針が明確になります。

ビデオはワークショップ前後をつなげた形で編集し、後日ダウンロード提供します。当日メモしたビデオ分析結果と合わせて復習にご活用ください(DVD郵送は有料オプション)。

どのような人が参加できるのですか?

本ワークショップは「カイゼン・レベル」です。一般の方でも受講可能ですが、以下のような方を主な対象と想定して高い成果が得られるようにカリキュラムを組みます。
・それぞれの種目においてワークショップの受講経験のある方
・それぞれの種目においてTIスイム・スクールの受講経験のある方
・TIスイムのドリルを独習で学び、ドリルの内容を理解し実践している方

必須教材:もっとカンタン・クロール
本ワークショップはもっとカンタン・クロールDVDに収録されているドリルに基づきカリキュラムを組みます。このためDVDをワークショップ開始前に所有し、練習していることが参加の条件となります。DVDをお持ちでない場合は、本ワークショップお申し込みと同時にお得なセット価格で購入できますのでご検討ください。DVDは決済完了後にヤマト運輸のクロネコDM便にて発送します。
必須教材:テンポ・トレーナー
本ワークショップは、レッスン中にテンポトレーナーを使用します。このためテンポトレーナーを所有し、当日お持ちになることが参加の条件となります。テンポトレーナーをお持ちでない場合は、本ワークショップお申し込みと同時にお得なセット価格で購入できますのでご検討ください。決済完了後にヤマト運輸のクロネコDM便にて発送します。

ワークショップ開催要項

  東京会場
○日時 実施日の約3ヶ月前にお申し込み受付を開始します。
実施頻度:各テーマ共年1回予定
○場所 フィットネス&スパ スカイフィット
〒167-0043 東京都杉並区上荻1-5-1
・JR中央線・東京メトロ丸の内線荻窪駅北口徒歩1分
 −新宿駅から中央線快速 10分
 −東京駅から中央線快速 25分
(アクセスはこちら→
・ビデオ説明はスカイフィット地下2階駐輪場のスペースを 間仕切りした場所で行います。
※駐車場はありません。お車でのご来場はご遠慮ください。  
○定員 12名様(最少催行人数:3名様)
○料金 ・各1名12,960円
・同居家族2名で21,600円
(消費税込み、昼食別)
・マルチパスをご利用の場合:ワークショップ1回分
■オプション選択(選択の場合マルチパス適用不可)
−もっとカンタン・クロールDVD:+1,400円(1部)
−テンポトレーナー・プロ:+4,860円(1個)
−ワークショップ前後のスイムビデオDVD郵送:+1,080円(1個)
ワークショップ中に撮影したビデオは、後日インターネット上でダウンロードできるようになりますが、DVDでの郵送を有料で承ります。ワークショップ当日に現地でもお申し込みいただくこともできます(但し現金のみ)。
オプションDVDタイトルのダウンロード版は、当該コンテンツをTIデジタル・コンテンツ・ショッピングでダウンロードしていただきます。このためアカウント登録(無料)が必要です。

 

ワークショップのお申し込み

実施日の約3ヶ月前にお申し込み受付を開始します。

お問い合わせ:info@tiswim.jpまでお願いします。

カリキュラム進行表(予定)
スカイフィット(土曜日開催)
11:30 オリエンテーション
12:00 プールセッション
−スイム撮影
−ドリル・FP練習
14:00 クラスルームセッション
−ビデオ分析
15:20 プールセッション
−スイム・FP練習
−スイム撮影
17:20 クラスルームセッション
−ビデオ分析
−アドバイス
17:45 終了
  
カリキュラム進行表(予定)
スカイフィット(日曜日開催)
9:30 オリエンテーション
10:00 プールセッション
12:00 昼食(各自)
13:00 クラスルームセッション
14:00 プールセッション
16:15 クラスルームセッション
17:00 終了
 

※プールとルームの各セッション間には着替えます。

 

©Total Immersion, Ltd.