ワークショップ/イベント−スピードアップ・キャンプinグアム

定員6名の少人数制キャンプです。長距離(1.5km)からトライアスロンのロング(3.8km)のスピードアップを目指し、フォーム、ストローク数、そしてテンポの3つの視点からスピードを徹底的にカイゼンします。

スピードアップ・キャンプの内容

スピードアップ・キャンプでは、次の5つのアプローチにより参加されるみなさんのスピードアップを目指します。

1)200mタイムトライアルとビデオ撮影によるスピード分析

キャンプ初日に200mのタイムトライアルを行います。ラップ毎のストローク数とタイムを計測することで、効率や速度がラップ毎にどのように変化しているのかが明らかになります。またビデオ撮影も行い、動作や姿勢においてスピードアップを阻害している要因がないかどうかを確認します。

200mタイムトライアル結果
(最初のラップと比較したタイムとストローク数の増加割合)

2)ディセンディングを意識した加速の道具箱づくり

中長距離のレースでは、距離や時間の経過に従い速度が落ちることがスピードアップの最大のネックになります。そこで速度変動を6%に抑えることを目標に、次第に速く泳ぐ「ディセンディング」を意識したときの体の動かし方や姿勢のつくり方を練習します。これを「加速の道具箱」と呼び、キャンプでは4〜6種類の加速の道具を身につけられるようにします。

3)ペースとテンポのコントロール

200mタイムトライアルおよび限界テンポのテストにより、現在の泳力に最適なペースやテンポを見つけることができます。キャンプではペースやテンポをコントロールするための練習方法をご紹介します。

4)効果と次の課題を確認するための1500mプールタイムトライアル

キャンプの効果を確認するために、1500mプールタイムトライアルを実施します。ストローク数とラップライムを計測することで速度変動の抑制効果を確認します。タイムトライアル結果に基づき、次に取り組むべき課題を明らかにします。また心拍数を計測して以下の点を分析します。

  • 継続的運動心拍数に達するまでの時間の評価(「立ち上がり評価」):15分以上継続して強度の高い運動を行うと、心拍数が次第に上昇してやがて安定します。この安定した状態が「継続的運動心拍数」で、その人にとってベストのパフォーマンスを行うときの心拍数です。この心拍数に達するまでの時間が長いと、最初に慎重に泳いでスピードが上がっていないか、運動能力が高く酸素を要しないかのいずれかが考えられます。スピードの変化や劣化率をみながら、どちらに属するかを決定します。
  • 継続的運動心拍数の評価:この心拍数が低い場合、スピードをさらに上げることができる可能性があります。終盤の心拍数の上昇割合やスピードの劣化率と比較しながら、さらに追い込むことができるかどうかを評価します。
1500mタイムトライアル結果
(最初のラップと比較したタイムとストローク数の増加割合)
心拍数の推移
(1500mタイムトライアル)

5)実践の場としての2.5kmOWS

ラクに長く泳げることを確認する場として、タモン湾で2.5kmスイムを実施します。1時間近く連続で泳ぐことで何が起きるのかを発見して対応することができます。コースはビーチ沿いに設定するので、安全に泳ぐことができます。

TI代表竹内のプライベートレッスン

期間中プライベートレッスンをお一人様1回(30分)実施します。指導内容を含むレッスン全てをビデオに収録するため、泳ぎの変化を確認できるだけでなく復習にも活用できます。(プライベートレッスンはキャンプ料金に含まれます。)

●ランニングセッション:怪我をせずにラクに走る

「ラクに泳ぐ」ことがTIの特徴ですが、同じように「ラクに走る」というコンセプトで米国において急成長しているのがChiRunning(チーランニング)です。正しい姿勢により重力移動を最大限に活用するフォームは、ケガをしない走り方として現在米国で急速に普及しています。またバランス、姿勢、体幹を使った体重移動というアプローチはTIと非常に似ており、米国ではトライアスロンを行っている・指導しているTIコーチの多くがチーランニングのコーチになっています。キャンプでは、フォームをビデオ撮影により確認するとともに、効率よく怪我なく走るチーランニングを体験できます。

どのような施設で行われるのですか?

キャンプはグアム国際空港から車でおよそ30分、常夏の楽園、グアム島中央部の丘陵に広がるレオパレス・リゾート・マネンガンヒルズ・グアムにおいて行われます。敷地は東京ディスニーランドとディズニー・シーを合わせた面積のほぼ2倍、プールは競技用(50メートル×25メートル:2)の他目的に合わせて4種類と非常に充実しています。同リゾートおよびプールは競泳日本代表チームが合宿を行うことでも有名です。リゾートの概要はこちら→(写真をクリックすると拡大表示します)

リゾート全景 競技用50メートルプール(2面)

オープンウォーターセッションはグアムのタモン地区の中心地という最高のロケーションにあるウェスティン・ホテルの前のタモン・ビーチで行います。グアムの中心地であるタモンのホテルロードにあるため、ショッピングを楽しむにも、レストランやアトラクションに出掛けるにも最適です。ウェスティンホテルの詳細はこちら→(写真をクリックすると拡大表示します)

ウェスティンホテル外観 ビーチに隣接したプール

●ご注意

  • オープンウォータースイムセッションは、既設ブイを最深部(150〜180cm)としてコース(約500m)を設定します。
  • 1500mを休まずに(ターンのみで)続けて泳げ、25mプールで200mを5分以内で泳げる方が参加できます。
  • 連続で泳げる距離やTIスイムレベルについて虚偽の申告をして参加された場合、オープンウォータースイムセッションへの参加をお断りする場合がありますのでご了承ください。
  • オープンウォータースイムのタイムは自己計測です。防水の時計をお持ちください。

どのような人が参加できるのですか?

1500mを休まずに(ターンのみで)続けて泳げ、25mプールで200mを5分以内で泳げる方が参加できます。

スピードアップ・キャンプ開催要項

日時 2017年2月24日-26日(3日間) →定員に達しました。
実施頻度:年2回
場所 レオパレス・リゾート・マネンガンヒルズ・グアム
レッスン料
(消費税込)
以下お一人様あたりの料金です。
59,400
54,000円(過去にグアムスイムキャンプ、スピードアップキャンプをお申し込みの方)
※航空運賃・宿泊料・ビーチ更衣室利用料(1日10ドル)・食事代は別です。
※マルチパスは適用除外です。
参加資格 ・1500mを休まずに(ターンのみで)続けて泳げ、かつ25mプールで200mを5分以内で泳げる方
・電子メールアドレスをお持ちで、PDFファイル(Acrobat Reader)を開ける方
 −お客様へのお知らせは全て電子メールで行い、一部PDFファイルを添付します。
・テンポトレーナーは必須です。お持ちでない方は現地でお買い求めいただけます($45)。
航空運賃・宿泊料 本キャンプは現地集合・現地解散です。
航空券の手配および渡航手続きはお客様に行っていただきます。
宿泊は原則弊社で手配します。前泊、後泊も承りますがコンドミニアム棟が確保できない場合もありますのでご了承ください。深夜到着も1泊とカウントします。宿泊代金は1泊30ドルです。空港−リゾート間の送迎は無料で付帯します。送迎を希望されない場合は別途info@tiswim.jpまでお知らせください。弊社で宿泊部屋が確保できるかどうか確認するため、弊社からの確保できた旨のメールを受け取るまでは航空券を予約しないようにお願いします。
○定員 6名様(コーチはTI代表竹内のみです)
○特典 TI代表竹内のプライベートレッスン(30分)

スピードアップ・キャンプのお申し込み

●ご注意(必ずお読みください)

定員に達しました。

お問い合わせは: info@tiswim.jp までお願いします。

 
カリキュラム進行表(予定)
1日目(金)
6:20 ランニングセッション(7:00終了)
  朝食(各自)
8:30 プールセッション(10:30終了)
  プライベートレッスン
(10:35-12:10)
14:30 Westinに移動
15:30 オープンウォータースイムセッション(17:00終了)
2日目(土)
6:20 5kmラン
  朝食(各自)
8:30 プールセッション(10:30終了)
  プライベートレッスン
(10:35-12:10)
14:30 Westinに移動
15:30 オープンウォータースイムセッション(17:00終了)
3日目(日)
08:30 1500mタイムトライアル(プール)(10:30終了)
14:30 Westinに移動
15:30 オープンウォータースイムセッション(17:00終了)

 

©Total Immersion, Ltd.