これだけの動作を覚えればクロールはラクに泳げる! イージー・スイミング・ファウンダー 竹内慎司

 2019年10月10日

ファスト・ラーニング・メソッドでは、解釈ー動作ー記憶のプロセスで正しい技術をからだに染み込ませます。
このとき効率良く動きを記憶するために、「ライブラリ」の活用を推奨しています。
ここではライブラリの活用方法について説明しましょう。

なぜライブラリが必要なのか
ある動きをいつでも再現できるようにするためには、その動きの命令全てを脳の「長期記憶」に入れる必要があります。
その長期記憶に入れるためには、一旦短期記憶に入れてから長期記憶に移します。
つまり動きを短期記憶に入れることができなければ、長期記憶にも入らないのです。
コーチが動きを示したにもかかわらず、その動きの通りにできない場合があるのは、

  • 動きの命令そのものが間違っている
  • 動きの命令は合っているが、短期記憶からあふれて覚えられない

のいずれかが理由となっています。
それではどのように対応すればよいのでしょうか。

動きの命令が間違っているときは、異なる解釈が生じないレベルまで動きを細かく分けます。これを素因数分解と呼んでいます。
素因数分解された動きを、観察しながら実施することで、間違った動きをすることはなくなります。

一方動きの命令が合っているが、短期記憶からあふれて覚えられない場合は、覚えようとする動きの情報量を小さくする必要があります。
画像ファイルをメールで送るのに、ファイルを圧縮するのに似ていますね。
情報量を圧縮するには、

  1. 時間を間引いて動きを覚える。
  2. 小さな「動きのブロック」を用意しておいて、必要に応じてその小さなブロックを組み合わせる。

の2通りがあります。

1の情報を間引いて動きを覚えようとすると、ある時間と時間の間に何が起きたのかを類推することになり、その間の動きを正しく再現できなくなるリスクがあります。
さきほどの素因数分解の逆の働きですね。

このため2の動きのブロックを用意しておいて、必要に応じてそのブロックを組み合わせることで複雑な動きを作った方が、様々な動きに対応することができます。
これを「ライブラリ」と呼んでいます。

「ライブラリ」は単純な動きで構成
ライブラリは集合体であり、動作の核となるものが多数集まっています。
この動作の核を組み合わせることで、複雑な動きを作ります。
このためライブラリに属する動きはとても単純です。
手や足、からだの使い方の一つ一つを、ライブラリとして蓄えることができます。

運動神経の良い人ほどライブラリが充実
見よう見まねですぐできる人のことを、運動神経が良いと呼びますね。
こういう人達がすぐできるようになるのは、ライブラリが充実しているからなのです。
お手本となる動きを見ながら、自分の手持ちの動きの中から似た動きを探し出して、それを使って自分の動きを作ります。
ライブラリが豊富になれば、お手本の動きにより近い動きを探すことができるので、それらしい動きをすぐに作ることができるのです。

水泳用のライブラリとは?
水泳は4種目あり、それぞれが複雑な動きをしているように見えます。
ところが「必要な小さな動き」で見ると、種目ごとの違いやストロークフェーズにおける違いというものはそれほど大きくはないのです。
むしろ共通である動きをライブラリ化すれば、あれにもこれにも使えるということで、水泳らしい動きをすぐに作ることができます。

  • 例えば:
  • 肘を曲げる/肘を伸ばす/肘を伸ばしたままにする
  • 膝を曲げる/膝を伸ばす/膝を伸ばしたままにする
  • 足首を緩める
  • 股間を締める
  • わきを開く/わきを伸ばす/わきを閉じる
  • からだを回す
  • 胸に体重をかける

のような動きをライブラリとすることで、クロールがすぐにラクに泳げるようになります。

今がチャンス!福岡で実践セミナー開催!
このライブラリは、あまりにもシンプルですぐに覚えることができるので、クロール上達の最大の武器になります。
ファスト・ラーニング開発者の竹内慎司が、プールに入らずにライブラリを作る方法をご説明します。
このレッスンはお客様の実際の反応を観察するために、オンラインでは行わず今回は福岡でのみ開催しますので、ぜひご参加ください。
またセミナーの後にプールで自主練習を行って、セミナーの成果を確認するオプションも用意します。

日時:2019年10月28日(月)17:00-18:00(プール自主練習にご参加の場合19:00まで)
場所:ジャパンエース・スイミングスクール
   福岡県粕屋郡志免町志免3-13-1
   ・最寄バス停:西鉄バス「志免」停留所より徒歩5分
   ・福岡都市高速「月隈」インターまたは「立花寺」インターより車で5分
   ・駐車場あり(無料)
   (地図はこちら→

費用:2200円(セミナーのみ)、3300円(プール自主練習含む)
持ち物:筆記用具(セミナーのみ)、水着、ゴーグル、キャップ、タオル(プール自主練習参加時)
お支払い:銀行振込/クレジットカード

お申し込みはこちら→

ご注意(必ずお読みください):

  • キャンセルポリシーは以下の通りです。
     -払い戻し・振り替え:払い戻しや振り替えはできません。
     -中止:「お申込時のレッスン分金額」全額を払い戻し致します。銀行振込手数料は弊社が負担します。お客様の移動や宿泊に係る費用負担は行いません
  • イベントのキャンセルのご連絡は電子メールのみとなります(電話やFAXでは受け付けておりません)。

電子メール送信先:cs@eswim.jp