TIスイムへようこそ!
TIスイムのメソッドを短期間で学ぶことができるワークショップに、2005年以来のべ6000人の方々が参加されています。
TIスイムではお客様の泳力や目的に合わせてワークショップやキャンプを用意していますので、ぜひあなたにピッタリのワークショップを見つけてください!

ワークショップ一覧表のダウンロード(PDF)

ワークショップリスト

名称 レベル 実施場所 内容
カンタン・クロール L1 東京(荻窪)、岐阜、神戸、仙台、福岡 カンタンレベルのドリル
カンタン・背泳ぎ L1 東京(荻窪)、岐阜、仙台 カンタンレベルのドリル
カンタン・バタフライ L1 東京(荻窪)、岐阜 カンタンレベルのドリル
カンタン・平泳ぎ L1 東京(荻窪)、岐阜 カンタンレベルのドリル
カイゼン・シリーズ L2 東京(荻窪)、岐阜、福岡、仙台 カイゼンレベルの技術(リカバリー、息継ぎ、ツービートキック、水中ストローク)
スピード・シリーズ L3 東京(荻窪)、岐阜 長距離と短距離のスピードアップ技術
オープンウォータースイム L2 東京(荻窪)、岐阜 長距離およびオープンウォータースイム特有の技術
ワークショップ・マルチパス ワークショップ5回分のお得な割引きパス
イベントスケジュール  

その他のレッスン

名称 レベル 実施場所 内容
カイゼン講習会 L2 東京(荻窪)、大阪 カイゼンレベルの技術(リカバリー、息継ぎ、ツービートキック、水中ストローク)
セルフチェック講習会 L1 東京(江東)、大阪 ビデオ撮影とドリルのチェックポイント
持久力アップ練習会 L1 東京(荻窪) 長距離泳のためのフォームとオープンウォータースイム技術
トライアスロンスイム講習会 L2 東京(船堀) トライアスロンスイムのための技術
スイム・コンディショニング講習会 なし 東京(船堀) ドライランドリハーサルと体幹トレーニング(スイムなし)

レベル説明

  • L0:当該種目で25m泳げない方
  • L1(カンタン):当該種目で25m泳げ、TIスイム未習の方
  • L2(カイゼン):TIスイムを学習済みでさらに技術を磨きたい方
  • L3(タッセイ):TIスイムを学習済みで目的や目標が明確になっている方

スイムビデオ撮影と分析

  • 全てのワークショップでビデオ撮影と分析を行います。
  • 講習会ではビデオ撮影を行い、分析結果を電子メールでお送りします。
  • トライアスロン・スイムスクール、練習会はビデオ撮影がありません。

ワークショップでは何をするのですか?

  • ワークショップはグループレッスン形式で行われます。
  • コーチとお客様の比率が最大1対6となるように、複数のコーチが参加します。
  • 1日にプールセッションを2回、クラスルームセッション(講義)を2回または3回行います。
  • クラスルームセッションではワークショップのテーマに合わせた学習と、ビデオ分析を行います。
  • ワークショップの進行を務めるのが「ディレクター」です。
    ディレクターはからだの動かし方や意識する点(フォーカル・ポイント)を説明し、お客様の姿勢や動作を確認します。
  • サポートコーチがいる場合は補助を行うとともに、カイゼンすべきポイントを個別にアドバイスします。
  • カリキュラムはそのワークショップのベースとなるDVDの内容に基づいて行われます。
    DVD出版後に新たに考案されたドリルやフォーカル・ポイント、ディレクター独自の知見に基づくオリジナルカリキュラムも含まれます。

一人で練習するのに比べて何がよいのでしょう?

  • まず「自分の泳ぎを見ることができる」ことです。
    ワークショップでは水中と水上の二つのアングルでお客様の泳ぎを撮影します。
    クラスルームセッションでは経験豊富なディレクターがお客様の泳ぎを的確に分析します。
    また撮影したビデオは後日ダウンロードすることができます(DVD郵送もオプションで提供します)。
  • また「自分の課題とその解決方法がわかる」ことも大切です。
    ビデオ分析により課題が明らかになるだけでなく、プールセッションでの練習を通じてうまくできない点が感覚的にもわかります。
  • さらに「DVDでは得られない細かなニュアンスがわかる」点です。
    DVDでは限られた時間軸で情報を並べる必要があるため、それぞれのドリルの関連性やトラブルへの対応法などについて細かく説明していません。
    ワークショップではドリルの積み重ねにより技術に磨きがかかる過程を自分のからだで感じながら理解することができます。
  • 「進化するTIスイム」の最新の知識が得られることも大きなメリットでしょう。
    お客様への指導を通じてTIスイムのメソッドは常に進化しています。
    またディレクター自身の豊富な経験に基づくオリジナルカリキュラムも含まれるので、新しい視点を得ることもできるでしょう。

どのワークショップに参加すればよいのでしょう?

  • 私はTIスイムのクロールをまだ体験したことがありません。25mは泳げます。
    カンタン・クロールをお勧めします。
    水泳の上達にドリル練習がなぜ効果的なのかを、頭とからだで納得することができます。
  • 私はカンタン・クロールのドリルを練習していますが、上達を実感できません。
    カイゼン・シリーズをお勧めします。
    息継ぎ、ツービート、リカバリー、水中ストロークの4つのポイントをカバーすることで、課題を解決していきましょう。
  • ●速く泳ぎたい!
    スピード・クロールは、スピードアップのための技術を身につけることができます。
    数多くあるワークショップの中では、選手経験のあるディレクターが自らの経験をカリキュラムにもっとも反映させています。
  • ●トライアスロンをやってみたい/タイムを縮めたい!
    →段階的に技術を身につけたいときはトライアスロンスイム・スクールがあります。
    半日の講習会はトライアスロンスイム講習会をご用意しています。
  • ●ワークショップにたくさん参加したい!
    マルチパスをお勧めします。ほとんどのワークショップに割引き価格で参加することができます。
  • ●クロール以外の種目を学ぶにはどうすればよいですか。
    カンタン・背泳ぎカンタン・バタフライカンタン・平泳ぎをお勧めします。